ドライヘッドスパの起源 - ドライヘッドスパのいろは

HOME » ドライヘッドスパ » ドライヘッドスパの起源

ドライヘッドスパの起源

・とても気持ち良いドライヘッドスパ
近年注目されているドライヘッドスパですが、実際に施術を受けた人に話を聞いてみるととても気持ち良かったという声をよく聞きます。
痛みもありませんし、頭から肩、背中とマッサージされることで身体全体がリラックスしていくのが分かりますし、それだけ体に疲労が溜まっていたことを実感できます。
この疲労が抜けていく感覚が分かるのがドライヘッドスパの最大の魅力で、施術を受けている人の多くはこの感覚が良くて定期的に通ってしまうそうです。
ドライヘッドスパは病院で行うような治療ではありませんので、悪い部位を治すことはできませんが、リラックスさせることによって改善に向かうことは間違いありません。

・起源はどこから?
それではドライヘッドスパの起源はどこからきているのかと言うと、これはインドの伝統的医学であるアーユルヴェーダだとされており、「頭皮のクレンジング」「マッサージ」「髪の修復」の3つを行うことを指しています。
これは一般的なヘッドスパにも通じる部分ですが、そもそもアーユルヴェーダとは日本で言うところの心技体を整えることを指した言葉ですから、ドライヘッドスパのほうがより近いと言えます。
ドライヘッドスパは脳の疲労を取り除き、心身の健康を導くことを目的にしたマッサージなので、アーユルヴェーダの考え方にもマッチします。

・リラックスの重要性
体全体がリラックスすることでメンタル面も安定しますし、それまでネガティブな考えを持っていたこともポジティブに考えることができるようになったりと良い方向へ変わっていくきっかけにもなります。
脳の疲労は身体だけでなく心の部分の疲れにも繋がってしまいますが、逆に言えば脳の疲労をしっかり取り除いてやればそのあたりの問題も解決できるのです。
もし今そういった悩みを抱えているなら是非一度ドライヘッドスパを受けてみて欲しいですし、それによって大きな変化があるかもしれません。